FC2ブログ

「食う、寝る、遊ぶ、ととえる 」大切にしたいこと。

産後ママ・パパ、子育ての応援団長&孫育て・ニッポンの代表 ぼうだあきこのブログ

産後の孤独 その背景には、里帰り出産が成り立たない事情が…

産後のママたち、その家族と会っていると、その背景が本当に多様になっています。

自分の親がまだ働いている
自分の親が、親or夫の介護をしている

親との関係性が悪く、親にはかかわってほしくないケースも

この場合、親と距離をおくことも一つなのですが、
日本には「里帰り出産」という文化があり、
親も子も夫も、里帰りするものと、思っていることも多いため、トラブルになることも多い。

里帰り呪縛とでも、いうのでしょうか…


里帰りするものだと思っている
里帰りしないなんて、考えられない


里帰りの方がラクでしょ!
里帰り以外の選択肢あるの?

本人
里帰りしないと、お母さんが悲しむ
里帰りしないのは、悪い娘

先日、男性の育休取得後の転勤辞令→退職が話題になっていますが、日本は今、もう一度子育てのスタートを誰が行い、どうサポートするのかを考えなければならないと思います。

私が思うのは、やはり子どもの親である夫婦で赤ちゃんを迎え、子育てのスタートを一緒に行うこと。

子どもが生まれたからと言って、すぐに父、母になれるわけではないので、どちらにも1カ月は子どもと過ごせる日をいただけたらと思います(できれば、24時間連続して親子3人で過ごす)。

男性の育休を義務化にするなら、最低一週間はほしい。

そして、夫婦二人では不足なところ
・医療的ケア(授乳+子どもの発達)
・家事サポート
・夫婦の精神的サポート

を、社会でサポートしていく仕組みを、全国統一で作っていかれればと思います。

もちろん、上記の家事のサポートと精神的サポートを祖父母(里帰り出産)が行うのも有りだと思いますが、全員が祖父母のサポートに頼れるわけではないので、日本の「里帰り出産」を前提とした産後のサポート体制は、見直すべきだと思います。

※写真は、我が子が生まれたときのもの
女性の育休取得は増えたけれど、それ以外はあまり変わってないとも感じる…

関連記事

Category : ぼうだ日記
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuchanroom.blog68.fc2.com/tb.php/705-90bee906
該当の記事は見つかりませんでした。