FC2ブログ

「食う、寝る、遊ぶ、ととえる 」大切にしたいこと。

産後ママの応援団長&孫育て・ニッポンの代表 ぼうだあきこのブログ

11/11(日)シンポジウム 健康経営の視点から妊娠・出産・子育てを考える!

孫育ての活動をしながら、昨年7月に

運動で妊産婦の健康と自分らしいお産をサポートする
NPO法人フィット・フォー・マザー・ジャパンを立ち上げ、
アドバイザーとしても、活動を行っております。
https://www.fitformotherjapan.org/

 

この度、NPO設立1周年のシンポジウムを開催する運びとなりました。
今回のテーマは、「女性の健康課題に関する取り組みの遅れ」を健康経営の
視点から掘り下げます。

 

20181111_chirashi   20181106_riri-su

 

健康経営と聞いて、すぐにピンとくる方、こない方、いらっしゃると思います。

健康経営とは、
健康経営とは、「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても 大きな成果が期待できる」との基盤に立って、健康管理を経営的視点から考え、 戦略的に実践することを意味しています。
(NPO法人健康経営研究会HPより)


会社で行っているメタボ対策がその代表例、というと何となくイメージできますか?
働く女性がこれだけ増えてくると、女性特有の健康課題についても、
企業はもっともっと取り組むべきなのですが、
企業の女性特有の健康課題への取り組みの遅れは否めません。

その原因として考えられるのが、

●「女性特有の健康課題」に対する社会的認知度が低い
●その課題を解決するには、どのような制度、環境が必要なのか
議論が十分にされていない


など、が考えられます。

そこで、今回のシンポジウムには、健康経営に関する 研究従事していた有柿沼美智留氏に、
健康経営とは、日本の企業の現状、女性特有の健康問題とはなどについて
わかりやすく、お話していただきます。

●妊娠出産に携わる人は、働く女性の環境を知ることも大切
●働いている人は、正しい知識を持って、職場に要望を出すことも必要
●ダイバーシティなど、すでにこのプロジェクトに関わっている人には、
 ぜひ、みなさんがどのような取り組みをしているのか、共有してほしい!



と、思っております。
直前のご案内で申し訳ございあせんが、みなさまのご参加をお待ちしております。


++++++++++++++++++++++++
第1回fmjシンポジウム
健康経営の視点から妊娠・出産・子育てを考える!

++++++++++++++++++++++++

増え続ける就労妊産婦のヘルスリテラシー向上に必要なのは個人の努力だけでなく、
企業をはじめとする社会環境の変化が求められています。
妊娠・出産・子育ての時期にいる女性の「働く」×「健康」について考えます。

日 時:2018年11月11日(日)13:30~16:00
会 場:きゅりあん大井町(東京)第1特別講習室
   JR京浜東北線・東急大井町線/りんかい線 大井町駅徒歩1分
参加費  4000円

 

お申込はこちら>>
https://fmj1111.peatix.com/

 

内容:
【基調講演】
「妊娠・出産・子育てがマイナスにならない職場環境を目指して
“健康経営”の視点から考える」
 ●柿沼美智留氏
  2009年4月よりシンクタンンクに勤務、研究員として厚生労働省をはじめとする官公庁
  および民間ヘルスケア事業者等の委託調査研究事業に多数携わる。

【パネルディスカッション】
「就労妊産婦をとりまく現状と今後の課題について」
 ●小林香織 NPO法人フィット・フォー・マザー・ジャパン理事長、健康運動指導士
 ●長坂桂子 妊婦のくらし理事長 看護学博士、母性看護専門看護師、助産師、看護師、保健
 ●ぼうだあきこ NPO法人孫育て・ニッポン理事長、にっぽんネウボラネットワーク研究所副代表

 

お申込はこちら>>
https://fmj1111.peatix.com/



なさまのお越しをお待ちしております!!


関連記事

Category : ぼうだ日記
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuchanroom.blog68.fc2.com/tb.php/689-441e47b1
該当の記事は見つかりませんでした。