大切にしたいこと。ぼうだあきこのブログ

産後ママの応援団長&孫育て・ニッポンの代表が「食う、寝る、遊ぶ、ととえる」をテーマにした日記

今年は原点回帰。産前産後にチカラを注ぎます!

ぼうださんの仕事って?とよく聞かれます。

私の来年度のトリセツは、こんな感じでしょうか?
今年のぼうだは、「産前産後」にフォーカスします!
(思い起こせば、孫育ても、ここのサポートを強化したいからのスタート)


 
  
私が現在行っていることは、
病院、行政、子育て、子ども、シニアと、人の間をぐるぐると動き回って、

つなぐ こと。

ときに、ことばをまだ発することができない子どもたちとも向き合い、
つながる。

新しいものもいいけれど、
今あるものをもう一度見直し、
有効活用、再構築し、暮らしを豊かにする。

とくに今一番ピンチ!と言われている、産前産後で行う。

この世に生をうけた、そのスタートがしあわせになるように。
その命のまわりの人も、しあわせになるように。


■ほんの少し産前産後の現状について
 
行政は子育て世代包括支援センターの準備で、アタフタ。
 
国が子育て新制度、保育園問題、世代包括支援センターの整備と
次から次へと、施策を打ち出していくので、
その処理に追われているのが現状です。

病院も、産婦人科の減少、混合病棟、入院日数の短縮、
そして、不妊治療、高齢出産の増加などから、
いろいろと大変です。人材不足も否めない…

病院の状況が変わったことで、
妊婦産婦への影響が少なからず出てきているようにも、思います。

そして、母となる女性は、仕事、保育園。
仕事をしない母は、肩身がせまい…という声も。
(男性にも、もっと自分事として、考えて欲しい!)

胎児心音がとれたら、次は保育園探しという、声も聞こえてきます。

男性もイクメンという言葉に悩まされ、男性の産後うつ、育児うつが
という報告も。
 
という現場ですが、国は次なる大きな福祉計画を掲げています。
「我が事、丸ごと」の地域づくり↓下記、厚生労働省の資料
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000130500.pdf
(子育て、高齢者、障がい者、みんな地域で 誰もが支え合う共生社会の実現)
 
目の前のことの改善もそうですが、
先を見ながら足元を固めていく知恵を持たないと、振り回されそうですね。
 
とにかく私はこれまで通り、
どこにでも顔をだして、
現状を表に出し、みんなで考える、つなぐをしていきたいと思います。

これらの現状を、人数が多いシニアにやっぱり伝えていくことも、
やっぱり大事にしなければ~

確定申告の終わりが見えてきたら、来年度のこと少し考えることができました。
いや、主婦、妻業を少し休んだから、余裕があったのかな。

関連記事

Category : ぼうだ日記
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuchanroom.blog68.fc2.com/tb.php/661-bcc464a9
該当の記事は見つかりませんでした。