FC2ブログ

「食う、寝る、遊ぶ、ととえる 」大切にしたいこと。

産後ママの応援団長&孫育て・ニッポンの代表 ぼうだあきこのブログ

4/25(月)・4/26(火) チャリティー円座 「震災の熊本を想う」

九州出身の人、
身内が災害派遣にいっている人、行くかもしれない人、
過去の震災を思い出したり、動けない自分に
心がザワザワしている人、顔を合わせて話しませんか?


九州・熊本・大分…ご出身の皆さんは、
今、一番ツライ思いをしているのではないかと思います。
熊本震災のニュースを聞いて、安否確認はとれたものの、
自分が何もできない、動きたくても、動けない…


被災地に災害派遣ですでに家族が被災地へ行っている方、
行くかもしれない方も、
頭ではわかっているんだけど、不安も…


被災地に家族、親族はいないけれど、
何か力になりたい、でも、その方法がわからない。
阪神淡路や東日本大震災を思い出してしまい、心がザワザワ落ち着かない。

などなど、九州・熊本・大分を想いながら、
時間を共有したいと思います。


★どなたでも参加できます。
★当日は、災害時に絶対に知っておくとよい、おんぶの練習会もします。
★現地が一番必要なのは、多分現金。
参加費の1000円は、すべて被災地への募金にします。
(寄付先は、当日みんなで話したいと思います)


■日時
 4/25(月)10:30~  4/26(火)17:30~
■場所:Umiのいえ
神奈川県横浜市西区岡野1-5-3 サンワビル4F
JR横浜駅みなみ西口より徒歩10分 JR中央改札から徒歩15分
http://www.uminoie.org/p/access.html
■参加費:1000円(すべて寄付します)
■お申し込み umi@umi.lar.jp にメールで申込み下さい
 件名:チャリティー円座・熊本
  お名前
  ご連絡先
  お子様同伴の場合年齢
  そのほか想いなど


■お茶会をやるきっかけ
東日本大震災のときに、被災地ご出身の方、災害派遣にご家族を送り出した方たちの

心にふれました。何もできない、話す場所もない… 
 「被災しているのは現地だけでない、心の被災を受けている人がいる」
今回、Umiのいえのおかみ麻紀子さんに、ご相談してこの場を設けさせていただきました。
みなさんと一緒に、心の重荷を少しおろせたらと、思います。


aoisakana_niji

※写真は、真鶴のキャラリーカフェ「飛ぶ魚」にお邪魔したときに見えたダブルの虹。
 思いはつながっている…
 ギャラリーカフェ「飛ぶ魚」では、5/6(金)から鈴木永子展がはじまる。
 鈴木永子さんは、絵本「ちょっとだけ」の作者さん。

関連記事

Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuchanroom.blog68.fc2.com/tb.php/626-7c0c3a11
該当の記事は見つかりませんでした。