大切にしたいこと。ぼうだあきこのブログ

産後ママの応援団長&孫育て・ニッポンの代表が「食う、寝る、遊ぶ、ととえる」をテーマにした日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ぼうだ あきこ on  | 

■ 振り子の振り幅と子どもの行動

子どもの頃は、振り子の振り幅(行動・表現など)は
大きければ大きい方がいい。

でも、大人は、子どもが振り子を大きく振ろうとすると、
危ないから、人に迷惑をかけるからといって、
子どもにチャレンジさせる前に、振り幅に限界を作ってしまう。

大人に限界を作られてしまった子どもは、
自分の力の限界を知らずに、大きくなってしまう。
自分の力の偉大さに、気づかずに大きくなってしまう。

本当ならば、ある時は大きく、そしてある時は小さく
振り子を揺らすことで、子どもは成長していくのに…。

大人は、振り幅の制限をするのではなく、
子どもがどのくらい振り子を振りたいのか、
その状況を判断し、振り子がその幅まできちんと振れているのか、
見守ることが重要だと思う。

そして、もしも子どもの力だけでは、
振り子が十分に振れていないときには、
手を出すのではなく、振り子が十分に振れる方法を
一緒に考えるべきだと思う。

関連記事

Category : ぼうだ日記
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuchanroom.blog68.fc2.com/tb.php/56-b8f13583
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。