大切にしたいこと。ぼうだあきこのブログ

産後ママの応援団長&孫育て・ニッポンの代表が「食う、寝る、遊ぶ、ととえる」をテーマにした日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ぼうだ あきこ on  | 

■地域で広げよう子育て、孫育ての輪

もともと、孫育ては、家族の中のものと、思っていたのですが、
現在の日本社会の子育て環境を見ると、
血縁関係だけではもったいない!と思うことがしばしば。

そこで、最近

「家族&地域で広げる、子育て孫育ての輪」

というお話をしています。

晩婚化、少子化の影響で、おじいちゃん、おばあちゃんに
なりたくてもなれな、近くに孫がいない祖父母世代と、
同じように近くに祖父母がいない、もしくは高齢で頼れないママ・パパ世代が
つながれたらいいなぁと思っています。

でも、話だけでは、なかなかつながることができないので、
地域の保健推進委員の方や、児童員、民生委員の人に、
まずは地域の「子育て・孫育ての輪」の橋渡し役になっていただければと
思っています。

地域で「子育て・孫育ての輪」を広げるには、

祖父母世代の方は
赤ちゃんや小さい子どもを連れたママ/パパに
「かわいい赤ちゃんね~、今何ヶ月?」など、話しかける。

そして、ママ・パパには、
「3歳までが地域とつながるゴールデンタイム。
 幼稚園に上がる前に、地域のおじさん、おばさんと顔見知りになっておけば、
 災害が起きたときなど、子どもを守ってくれる人が増えますよ!」

とお話しています。

具体的には、

1.車・自転車ばかりでなく、歩いて行動→ 出会える人が増えます
2.買い物は宅配やスーパのまとめ買いだけでなく、近所の商店街を使う。
3.子供会や町内会の役員をすすんで引き受ける
4.地域のイベント(運動会、防災訓練など)に参加する

祖父母世代と、パパ・ママ世代がつながると、
実はその町って、とっても暮らしやすい町になるんです。

だって、顔見知りが増える訳ですから、防犯につながり、
安心、安全な町になる訳ですよ。

とはいえ、最近は商店街がなくなってしまった地域も多いようですね。
子どもが小さいときは、特に地域とのつながりなどまるで考えず、
商店街を使っていたのですが、子どもたちが一人で行動するようになった今、
商店街のおじさん、おばさんの目は、とってもありがたいです。

配達してたら、今日も●●くんが、自転車で元気に走り回っていたよ~、
けんかしてたみたいなどなど、
私が地元にいない時の情報を、教えてくれることがよくあります。

私自身も、もっともっと地域とつながって、
自分の住んでいるところが、好き!になれるようしたいと思います。

関連記事

Category : 孫育て
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuchanroom.blog68.fc2.com/tb.php/371-fd627554
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。