大切にしたいこと。ぼうだあきこのブログ

産後ママの応援団長&孫育て・ニッポンの代表が「食う、寝る、遊ぶ、ととえる」をテーマにした日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ぼうだ あきこ on  | 

■祖父母の役割について(12/24)

今日は、日経新聞生活部さんの取材をうけました。

祖父母についての取材だったのですが、
思うことがたくさんあり、
いろいろな話ししました。

担当の記者さんも3歳のお子様がいらっしゃるパパだったので、
祖父母には、コドモに命の大切さ、はかなさ、老いを伝える
大きな役割があると私が話したことについて、
共感してくださりました。

まだ、誰も話していない大切なこと。
来年は、この辺りのことをまとめたい。

関連記事
スポンサーサイト
Category : ぼうだ日記
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

■13歳の誕生日プレゼント(12/23)

20081224091813
我が家の長男が、めでたく13歳の誕生日を迎えました。
1週間ほど前に、お米を炊きながら

オレって、結構一人暮らしイケてるんじゃない~

と、得意げに話すような、まだとっても幼く、
コドモな長男ですが、ずいぶんと成長しました。

13歳の誕生日に何を贈ろうか、ずっと悩み、
これまた清水の舞台から飛び降りる気持ちで、
ひとつのつみ木を購入しました。

長男が大好きな「青」のつみ木・neafのセラを。

中学生から塾に通い出し、自分でなにかをするというよりも、
言われたことをするだけで精一杯のカレに、
自分の手を動かすことで生まれる新しい世界、
シンプルなものが創りだす未知の世界を、
自分の手を動かして、発見してほしい願っています。

セラの他には、経営コンサルタントの船井さんが書かれた、
13歳の哲学 を贈りました。

学校では教えてくれない大切なこと。
親もコドモを育てる上で、ためになることが
沢山書いてありますので、ぜひ読んでみてください。

ぼうだ (^^)

Category : ぼうだ日記
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

■念願のデジタルカメラ一眼レフ(12/22)

20081224090222
実は、私結構カメラが好きで、
35ミリの一眼レフは父から譲り受けたものもあり、
本体を2台、レンズも4本持っていたのですが、
小さなデジカメのほうが、持ち運びには便利なので、
ずっと、戸棚の奥にしまわれっぱなし。

ずっと欲しかったのですが、
なかな買うことができず…

でも、買っちゃいました!それも最新機種を。
今回カメラを買ったのは、最近撮りたいものが決まってきたこと。

名刺にもそれを書いたシールを来年は貼ろうと思っています。
その対象となるのは、老人と子ども。
本では伝えられないものが、写真にはあるとおもったからなんです。

まずは、両親。
どっちのおばばも最近は写真を撮ってもらうちことって、
あんまりない。
それに、なんていうのかなぁ、素顔を撮ってあげたい。
料理してたり、好きな趣味をしているところとか。

それには、私のカメラの技術じゃ、
彼女たちの深さ撮りきれないような気がして、
カメラに頼ってしまいました。

明日長男の誕生日と、私の本の出版のお祝いに、
二人のばばが来てくれます。
それまでに、少し勉強しなくては(^-^)

Category : ぼうだ日記
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

■モノコビトの詩「オレのいっぽ」(12/19)

オレのいっぽ

おれの いっぽは
ありの なんほ
かぞえてみたけど、むずかしい

ありは、おれのいっぽを
かぞえられるのか?

こわくなって はしって にげた

Category : ぼうだ日記
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

■あめあがりの朝(12/16)

雨上がりの朝が、好きできす。
空気が澄んでいて、太陽のひかりも、
普段の光よりも、澄んでいる。

いつもと、同じ風景なのに、
不思議な透明感。
水の妖精のいたずらかしら。

今朝の日の出を、見ていたら、
こんな絵本が、あればいいのに、
と、思い、電車の中で書いてみました。

「あめあがりの あさ」

文章が得意とか、読書がものすごく好きってほどでも
なかった私ですが、「書くこと」が好きだった私。
手紙を書いたり、毎日の仕事を書いたり…

何となく、すらすらっとかけるのは、何故か電車の中。
この「あめあがりの あさ」も、
本になるかどうかは、わからないけれど、
二十歳の頃に、いつか自分の本を出したいと思った夢の階段の
一段をやっと、やっと上りはじめた気がします。

講座で岡本先生がいつも言っている。「良質転化」
天才はいない。とにかく、他の人よりもたくさんするのみ。
たくさんやれば、かならず質が上がってくる。

とにかく、書こう。



Category : ぼうだ日記
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。