「食う、寝る、遊ぶ、ととえる 」大切にしたいこと。

産後ママの応援団長&孫育て・ニッポンの代表 ぼうだあきこのブログ

2018年4~5月の講演・講座予定

●4月
4/6      恵愛の祖父母学級(埼玉県富士見市)※通院している方のみ
4/13    樽町産後ママカフェ&赤ちゃん食堂(横浜市港北区)※近隣の方
4/17    モーハウス(東京・青山)
    ・子育て講座 はじめてのおもちゃ・絵本えらび
    ・子育て講座 ちょっとしたアイディアで深める親子の絆づくり講座
    ・妊婦さん向け講座 
     個人セッション方式! 妊婦さん必見! 産後~3カ月がカギ
     「産後と赤ちゃんとの暮らしをハッピーにするプレママ講座」
4/18    Umiのいえ(横浜市西区 横浜駅徒歩10分)
   ・子育て講座「感受性&身体育て 小さいうちにしておきたいこと」
   ・医療従事者、子育て支援者向け【産前産後支援講座】
     日本版ネウボラ~お産・子育て・親子の暮らしを守る役割とは~

4/26    手仕事 シェア奥沢(世田谷区自由が丘 自由が丘駅徒歩10分)
    じじかく人形づくり(どなたでも。ただし、子連れの場合は、生後4ヶ月まで)
    背守りちくちく(プレママ&生後4ヶ月までの赤ちゃん)
4/26    ネウボラ研修(横浜市泉区スタッフ研修)
4/27    若葉台ケアプラ 孫育て講座(横浜市旭区)    

    みんなで広げよう、子育てのわ イマドキ子育てを学ぶ!
4/28    Umiのいえ(横浜市西区 横浜駅徒歩10分)
    マタニティクラス「産後のからだとこころ、夫婦の暮らし編」~赤ちゃんとの産後サバイバル期講座~



●5月
5/11    樽町産後ママカフェ&赤ちゃん食堂(横浜市港北区)
5/15    ママパパ1年生~赤ちゃんと楽しく暮らそう(神奈川県大和市)
    あかちゃんの月齢と発達にあったおもちゃの選び方

5/17    綾瀬市すくすくスクール全5回(神奈川県綾瀬市)※綾瀬市在住・在勤の方のみ
    第1回 親子交流会  第2回 自分の子育ての足し算、引き算(5/17)
    第3回 普段の暮しを遊びにするヒント(5/31)
    第4回 スマホとの付き合い方(6/14)
    第5回 子育てで大切にしたい事(6/21)    
5/18    モーハウス(東京・青山)
    ・子育て講座 はじめてのおもちゃ・絵本えらび
    ・子育て講座 ちょっとしたアイディアで深める親子の絆づくり講座
    ・妊婦さん向け講座 
     個人セッション方式! 妊婦さん必見! 産後~3カ月がカギ
     「産後と赤ちゃんとの暮らしをハッピーにするプレママ講座」

5/19    子ども環境学会授賞式「まち保育」 埼玉県川越市
5/20    Umiのいえ(横浜市西区 横浜駅徒歩10分)
    マタニティクラス「産後のからだとこころ、夫婦の暮らし編」~赤ちゃんとの産後サバイバル期講座~

5/20    Umiのいえ 専門職向け(横浜市西区 横浜駅徒歩10分)
    医療から生活へつなぐマタニティクラス ~マタニティファミリーに伝えておきたいこと~    
5/24    じじかく人形
5/31    綾瀬市すくすくスクール

Category : ぼうだ日記
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

民生委員、児童委員、主任児童委員さんと広げる産後ママカフェ

昨日お話しさせていただいた、横須賀市の民生委員さんの数は584名。(ご欠席の方もいらっしゃいました) 

民生委員、児童委員って、みなさんご存知でしょうか?
 
実は私も、民生委員、児童委員さんがどんなことをする人なのかを知ったのは、今から10年くらい前。
 
それまでは、入学式や卒業式に来てくれる、近所の方としか思っていませんでした。
 
でも、本当はとっても頼りになる方、まさに町の相棒なんです。
そこで、昔の私のような方も多いと思うので、少し紹介。
 
民生委員、児童委員とは?
(厚労省サイトから 
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/minseiiin/
 
民生委員は、厚生労働大臣から委嘱され、それぞれの地域において、常に住民の立場に立って相談に応じ、必要な援助を行い、社会福祉の増進に努める方々であり、「児童委員」を兼ねています。
 
児童委員は、地域の子どもたちが元気に安心して暮らせるように、子どもたちを見守り、子育ての不安や妊娠中の心配ごとなどの相談・支援等を行います。また、一部の児童委員は児童に関することを専門的に担当する「主任児童委員」の指名を受けています。
 
とのこと。
 
私は、子育て、孫育ての視点から、地域での暮らしが豊かになるといいなぁと思い、イマドキの子育ての状況を民生委員の皆様にお話しさせていただく機会をいただきます。
 
どこの会場へ行っても、皆さん地域のことを考え、勉強したり、実際に地域の方のサポートであったり、楽しく過ごせる場作りをしています。
 
でも、残念なことに、子育て世代は、民生委員さん、児童委員さんのことをほとんど知らないし、つながっていない…
 
これ、本当にもったいないです!
 
私が「産後ママカフェ&赤ちゃん食堂」をスタートしたのは、産後のお母さんのためだけでなく、赤ちゃんを迎えた家庭と地域のつながりのきっかけにしたかったから。
 
「産後ママカフェ&赤ちゃん食堂」の輪。
 
広がりそうな予感!
 
横須賀の民生委員さん、児童委員さん。
何かが始まりそうな予感がしてます!
今後とも、どうぞよろしく、お願いします。

Category : ぼうだ日記
Posted by ぼうだ あきこ on  | 

こども保健体育スタディー

すっかり告知を忘れておりましたが、
本日和光市(駅名 下車徒歩5分)のところで、
小学生向けに(親も参加可能)「こども保健体育スタディー」の講座を行います。

子育てしながら母として学んだ
ブログのタイトルにもしていて、自分の軸にしている

大切にしたいこと。
~食う、寝る、遊ぶ、ととのえる~

を、子どもたち(親も参加可能)に楽しくお伝えします。

子どもたちに自分のカラダのことを知って欲しいのは、
何をするにも、やっぱりカラダが大切だから。

私は、子どもがケガをして、成長期のカラダは、
乳幼児期とも成人とも違うことを知りました。

これ、やっぱり子どもも(本当は親も)知っておいた方がいいです。

今日は
食事、睡眠、遊ぶことを中心に、
骨、筋肉のこと、生理のことなども交えながら、
楽しい時間にできたらと、思っています。

たとえば…
アスリートを目指しているならおやつは何を食べる?
記憶力、キレイ、かわいくなる睡眠

などなど~

若干余裕あります!
今からでもお申込可能です~

会場もとっても素敵な所なので、ご興味のある方はぜひ!

http://kateika-club.blogspot.jp/2018/01/1500163015-1-9-19-500-500-20-16-ng.html

Category : ぼうだ日記
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

産後ママカフェ×まち保育にチャレンジ!

産後ママカフェ&赤ちゃん食堂をスタートしてから半年。
今日はほんの少し、今後の展開も含めて、「産後ママ×まち保育」の
チャレンジをしました!
産後ママたちと一緒に、地元商店街デビュー!
自分にとってハードルが低いことでも、他の人にしてみたらハードルが高いことがある。
商店街への買い物は、ちょっぴり緊張、ひとりで行くのはちょっと…
という声があったので、私がご案内。
鳥屋さんで大学芋の試食をいただいたり、
八百屋さんで、おしゃべりしたり、私もまだ入ったことはないけれど、
パパ・ママが頑張ってやっているランチもやっているおしゃれなBARをのぞいたり。
夜、我が家の食材を商店街に買いに行ったら、
商店街のみなさんから、ありがとう!!の声。
一気にはできないけれど、少しずつ。
地域と産後ママと赤ちゃんをつなぎます。

Category : ぼうだ日記
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

山形県 全市町村に「孫育て交流サロン」設置を目指す 新庄のAKBBとは?

7/12、山形県新庄市に入り、7/13午前中は、moco's roomを見学。
moco's roomは、NPO法人はぐくみ保育園が運営している子育て支援事業の場で、ファミリーサポートセンターも兼ねています。

なぜ、私がここを訪ねたかというと、山形県が独自事業でおこなっている
孫育て交流サロン創設事業費補助金制度を利用して、ハード整備をし、
そこにすてきな、ばぁばやじぃじたちが集まっているというお話を伺ったから。

山形県の「孫育て交流サロン創設事業費補助金制度」は、
使用目的が施設整備のですが、なんと最高100円の補助金を出している。

 

 
moco's roomは商店街の一角にあり、スポーツクラブに親が参加しているときの、一時預かりを始めたことがきっかけで、地域みんなで子育て応援団拠点を始めたとのこと。1階は自由に遊べるスペースのほか、セミナールームがあり、2階が一時保育スペースになっている。

ここの魅力のひとつに、絵本・本がいっぱいあること。本は、市立図書館と連携し、定期的に入れ替えもしている。貸し出しはしていないけれど、ここでたくさんの本と出会い、読むことができる。すてき~!!!

 

 
自由に遊べる場はもちろん、このセミナールームに、集まる人たちがスゴい!
 
 
 
その名もAKBB(明るく・賢く・美しいばばを目指す会)
紙芝居を作ったり、地域の事業の打ち合わせをしたり、好きなことを学んだり。
そして、それらがこの地の子育て支援に、つながっていく。
AKBB 以外にも、いろいろな方が集まるとのこと。
利用目的もほとんど制限なく、利用料も無料という気軽さも嬉しい。

 


 
 
2階の一時保育を行っているところは、もともと住居兼店舗だったので、お風呂もキッチンある。助産師さんも来て、産前産後ケアもやっている、素敵な場所。
 
日本全国には、メデイアには取り上げられることはないけれど、ステキなことをしている人たちがたくさんいる。
 
きっとこれがAKBBでなくAKGG(明るく、かっこいい、じぃじをめざす)だと、メデイアは飛びつくんだろうなぁと思い、やっぱり訪ねたところの記録をきちんと残そうと、帰りの電車でこの文章を書いています。
 
***
前回山形を訪れたのは、先月旅立った尊敬する仕事仲間・Mさんとのさくらんぼ狩りの取材。
あー、もっとたくさんご一緒したかったです。
帰りの車窓から、雨上がりの山を眺めていたときに、
 
ぼうださん、まだまだやることいっぱいありますね~、頑張ってください!息子さんの野球も、応援してます!
 
と、Mさんからの声。
 
家族で、地域で孫育て。がんばります!
***
■データ
山形県子育て支援課 孫育て交流サロン創設事業費補助金の概要
http://sakata-vc.com/wp-content/uploads/2017/04/gaiyou.pdf
山形県最上地域みんなで子育て応援サイト『MOCO.net』
http://210.150.7.231/moco/index.php/

Category : 孫育て
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。