大切にしたいこと。ぼうだあきこのブログ

産後ママの応援団長&孫育て・ニッポンの代表が「食う、寝る、遊ぶ、ととえる」をテーマにした日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ぼうだ あきこ on  | 

山形県 全市町村に「孫育て交流サロン」設置を目指す 新庄のAKBBとは?

7/12、山形県新庄市に入り、7/13午前中は、moco's roomを見学。
moco's roomは、NPO法人はぐくみ保育園が運営している子育て支援事業の場で、ファミリーサポートセンターも兼ねています。

なぜ、私がここを訪ねたかというと、山形県が独自事業でおこなっている
孫育て交流サロン創設事業費補助金制度を利用して、ハード整備をし、
そこにすてきな、ばぁばやじぃじたちが集まっているというお話を伺ったから。

山形県の「孫育て交流サロン創設事業費補助金制度」は、
使用目的が施設整備のですが、なんと最高100円の補助金を出している。

 

 
moco's roomは商店街の一角にあり、スポーツクラブに親が参加しているときの、一時預かりを始めたことがきっかけで、地域みんなで子育て応援団拠点を始めたとのこと。1階は自由に遊べるスペースのほか、セミナールームがあり、2階が一時保育スペースになっている。

ここの魅力のひとつに、絵本・本がいっぱいあること。本は、市立図書館と連携し、定期的に入れ替えもしている。貸し出しはしていないけれど、ここでたくさんの本と出会い、読むことができる。すてき~!!!

 

 
自由に遊べる場はもちろん、このセミナールームに、集まる人たちがスゴい!
 
 
 
その名もAKBB(明るく・賢く・美しいばばを目指す会)
紙芝居を作ったり、地域の事業の打ち合わせをしたり、好きなことを学んだり。
そして、それらがこの地の子育て支援に、つながっていく。
AKBB 以外にも、いろいろな方が集まるとのこと。
利用目的もほとんど制限なく、利用料も無料という気軽さも嬉しい。

 


 
 
2階の一時保育を行っているところは、もともと住居兼店舗だったので、お風呂もキッチンある。助産師さんも来て、産前産後ケアもやっている、素敵な場所。
 
日本全国には、メデイアには取り上げられることはないけれど、ステキなことをしている人たちがたくさんいる。
 
きっとこれがAKBBでなくAKGG(明るく、かっこいい、じぃじをめざす)だと、メデイアは飛びつくんだろうなぁと思い、やっぱり訪ねたところの記録をきちんと残そうと、帰りの電車でこの文章を書いています。
 
***
前回山形を訪れたのは、先月旅立った尊敬する仕事仲間・Mさんとのさくらんぼ狩りの取材。
あー、もっとたくさんご一緒したかったです。
帰りの車窓から、雨上がりの山を眺めていたときに、
 
ぼうださん、まだまだやることいっぱいありますね~、頑張ってください!息子さんの野球も、応援してます!
 
と、Mさんからの声。
 
家族で、地域で孫育て。がんばります!
***
■データ
山形県子育て支援課 孫育て交流サロン創設事業費補助金の概要
http://sakata-vc.com/wp-content/uploads/2017/04/gaiyou.pdf
山形県最上地域みんなで子育て応援サイト『MOCO.net』
http://210.150.7.231/moco/index.php/

スポンサーサイト
Category : 孫育て
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

手作りのお年玉袋

日本の昔の遊び、紋切りあそび。
紙を折って切ると、素敵な幾何学模様がひろがる。





この素敵な遊びを、手軽に楽しめるようにまとめてくださった
エクスプランテさんの 『紋切り型 豆紋』 からいくつかピックアップして、
毎年「手作りお年玉袋」のワークショップを
行っています。

今年は、どんな袋ができるのか?
孫へ、子へ。

その子を思い浮かべながら、手を動かす。

手仕事、手を加えることのステキなところは、
その時間、その人に心を馳せる時間になるところ。

Category : 孫育て
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

■地域で広げよう子育て、孫育ての輪

もともと、孫育ては、家族の中のものと、思っていたのですが、
現在の日本社会の子育て環境を見ると、
血縁関係だけではもったいない!と思うことがしばしば。

そこで、最近

「家族&地域で広げる、子育て孫育ての輪」

というお話をしています。

晩婚化、少子化の影響で、おじいちゃん、おばあちゃんに
なりたくてもなれな、近くに孫がいない祖父母世代と、
同じように近くに祖父母がいない、もしくは高齢で頼れないママ・パパ世代が
つながれたらいいなぁと思っています。

でも、話だけでは、なかなかつながることができないので、
地域の保健推進委員の方や、児童員、民生委員の人に、
まずは地域の「子育て・孫育ての輪」の橋渡し役になっていただければと
思っています。

地域で「子育て・孫育ての輪」を広げるには、

祖父母世代の方は
赤ちゃんや小さい子どもを連れたママ/パパに
「かわいい赤ちゃんね~、今何ヶ月?」など、話しかける。

そして、ママ・パパには、
「3歳までが地域とつながるゴールデンタイム。
 幼稚園に上がる前に、地域のおじさん、おばさんと顔見知りになっておけば、
 災害が起きたときなど、子どもを守ってくれる人が増えますよ!」

とお話しています。

具体的には、

1.車・自転車ばかりでなく、歩いて行動→ 出会える人が増えます
2.買い物は宅配やスーパのまとめ買いだけでなく、近所の商店街を使う。
3.子供会や町内会の役員をすすんで引き受ける
4.地域のイベント(運動会、防災訓練など)に参加する

祖父母世代と、パパ・ママ世代がつながると、
実はその町って、とっても暮らしやすい町になるんです。

だって、顔見知りが増える訳ですから、防犯につながり、
安心、安全な町になる訳ですよ。

とはいえ、最近は商店街がなくなってしまった地域も多いようですね。
子どもが小さいときは、特に地域とのつながりなどまるで考えず、
商店街を使っていたのですが、子どもたちが一人で行動するようになった今、
商店街のおじさん、おばさんの目は、とってもありがたいです。

配達してたら、今日も●●くんが、自転車で元気に走り回っていたよ~、
けんかしてたみたいなどなど、
私が地元にいない時の情報を、教えてくれることがよくあります。

私自身も、もっともっと地域とつながって、
自分の住んでいるところが、好き!になれるようしたいと思います。

Category : 孫育て
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

■「となりの子育て」ありがとうございました!

9/18のオンエア、そして、昨日の再放送を見てくださった皆さま、
ありがとうございました。

そして、たくさんのメール、お電話、とっても嬉しかったです。

公園や買い物途中などで、お孫さんと祖父母の方が過ごしている姿を見ていると、
思わず頬がゆるむのは私だけでしょうか。

もちろん、ママやパパと小さい子が一緒にいるのも頬がゆるむのですが、
おじいちゃん、おばあちゃんが、必死で孫を追いかける姿、
一生懸命泣きやませようと、なだめている姿に、
ほっと、心が癒されます。

町の中で、血縁関係にこだわらず、祖父母世代と乳幼児が
自然に関われる社会になれたらいいなあと、今、漠然とですが、思っております。

かめのように、ゆっくりな歩みかもしれませんが、
少しずつ前に進みたいと思ってます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

Category : 孫育て
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

■おまごブックミニ間もなく完成!

3月に発行したおまごブックが好評につき、在庫があっという間に
なくなってしまったので、
おまごブックミニを、日本助産師会さんと一緒に制作。

先日、無事入校。間もなくでき上がってきます。

表1-4-2

おまごブックミニは、行政や病院での孫育て講座などでもご利用いただきやすいA5版サイズ。
定価210円
もう間もなく販売開始です!!

もう少し、お待ちくださいませ。

Category : 孫育て
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。