FC2ブログ

「食う、寝る、遊ぶ、ととえる 」大切にしたいこと。

産後ママ・パパ、子育ての応援団長&孫育て・ニッポンの代表 ぼうだあきこのブログ

これからの産み育てを考える 浜松市未来を育てる会にて 

昨日は一日、浜松でした。浜松の未来を育てる会さんに呼んでいただき、
 
午前中 は、
背守り(ワークショップ&自力開催できる研修)
 
午後は、
浜松市切れ目のない子育て支援を考える ネウボラ
地域子育て支援者、大学教員、行政、市議会議員さんなど、他職種が集まり、まずは現状も把握。
 
現状把握してというと、お母さんお父さんの話になりがちですが、サポートする側それぞれの現状把握、
 
特に
できなくなったこと
しんどいこと
などの共有が大切だと思います。
 
やってる、やってないではなく、
自分たちのところで、できないのならば、地域にそれを担うところはないのか。
顔が見える関係から、一歩進んだ「信頼できる関係」が、やはり大切。
そして、もんだいはお金。
 
市の予算は、今何があるのか?
何の予算を使うのか?
市の予算がないなら、どうする?
 
立場の違い、課の違い、時々壁を、感じることもある。
でも、思いは、みんな同じ。
山を登るルートが違うだけ。
 
子どもを産み育てる環境が少しでもよくなりますように。
  
◾️浜松の未来を育てる会
https://kokomihiroba.jimdo.com/
コーデイネートをしてくださった 大村 美智代 (Michiyo Omura)さん、ありがとうございました😊
みんなで写真撮ればよかったですね~💦

 

   

  

Category : その他
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

私と大槌町 2010年12月10日、11日を振り返る

2010年12月に、今度は6月にと書いていた夢がやっとかないました。

  

  

今回の大槌町への旅のご報告をする前に、2010年12月10日、11日。
私がはじめて大槌へ行った時に書いた記事を、読んでいただけたら、嬉しいです。
今、読み返して、あらためて気がついたこと
それは… 
 
大槌町の子育てフェスタ、記念すべき第1回によんでいただき、
その日のうちに、大槌LOVE❤️になったということ。
 
震災があったからでなく、好きだから行く
だから、何度も、何度も行くし、帰りたくなくなる
さて、次はいつ行こうかなぁ
 
 2010年12月大槌に関する記事
 
■岩手県・大槌町で子育て・孫育て    2010.12.11
今日は、岩手県大槌町で講演をしてきました。 横浜から片道6時間。長い長い旅でしたが、 とっても温かい町とおいしいお魚があり、一度でファンになってしまいました。 (大槌町ガイドは、また記事で) 私がお邪魔したのは、 「大槌町子育てフェスタ 地域みんなで子育て支援」という行事。 今年はじめて開催されたとのこと。 その第1回目にお声がけいただき、本当に感謝、感謝です。 今日のお話は、一般のおじいちゃん、おばあ...
 
■大槌町の風景  2010.12.11 
朝、起きて食事をすませた後、海岸へ行ってみました。 朝陽がとってもキレイ。そして、とっても穏やかな海です。 日曜日だからか、それともいった時間が遅かったのか、 ほとんど、人影がありませんでした。 ■街で見かけた珍風景 家の軒下に、しゃけが。 まるで洗濯物をほすかのように、ベランダにしゃけが並んでいるお宅もありました。 伝えていきたい、大槌の文化ですね。 ...
 
■珍道中 その2 2010.12.10
電車を乗り継ぎ、無事大槌町に着いたのですが、 その時、携帯のバッテリーが切れてしまいました。 泊まるビジネスホテル、名前は覚えていましたが、地図は出力していない… もう17時を過ぎているので、真っ暗。 メイン通りから入ったところという記憶はあるのですが、 定かでなかったので、タクシーに。 ●素敵な人 その2 タクシーの運転手さん 近いですが、いいですか? なんだか申し訳ないと。 ...
 
■大槌町珍道中日記 その1 2010.12.10
今回の旅、実は珍道中でした。 まず、私が岩手県大槌町がどこにあるのか、知らなかったこと。 それが、一番の大問題だったのですが… もちろん、最新の機器を使って下調べをして、大槌町に向かったのですが、 いきなり東京駅で躓いてしまいました。 片道6時間。1本のがしたら、到着時刻が2時間も変わってしまうのに。 東北新幹線が、新青森まで開通したのはつい先日のこと。 お母さんも

Category : その他
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

大阪薬科大学の薬用植物園がおもしろい!

大阪薬科大学の薬用植物園を、
大学の教授の解説付きで、たっぷり2時間楽しんできました。

とにかくおもしろい、ためになる!
お近くの方は、ぜひ行ってみてください。

  

私が個人的におもしろい、ためになった話をいくつか…

●ナス科の植物には毒があるものが多いですが、ナス科の植物で私たちがよく食べているものは?

正解は、トマト、ピーマン、じゃがいも、シシトウ、唐辛子など。
でも、このナス科の植物は、薬草として古くから使われているとのこと。

●植物の分類
昔は花で植物を分類をしていたそうですが、現在は遺伝子での分類なので、科が変わったものもあるそうです。

●植物の名前にイヌがつくものが多いけれど、これは動物のイヌ?
ハズレ。
ある植物に似ていても違う「否(イナ)、違う」という意味でつけられたものが多いそうです。

●日本の薬草にはおもしろい名前がある
外国の植物名前は、ベラドンナなど素敵な名前をつけるのに、日本の名付けはセンスがないと。
例えば、クソニンジン(写真下 クソニンジンの花)、モッテノホカなど。




●昔の葉書
タラヨウの葉に、昔は文字を書いていたそうです。
ボールペンの芯を出さずに「大阪薬大」と書いてしばらくすると、文字がくっきり見えてきました!
昔の人の知恵ですね~




●匂いの好みで、体質もわかる?
ある植物の香りをかいだ後に、この匂いが好きな人と聞かれ手をあげたら、貧血気味ですかと先生。
その植物は、補血作用のある植物。このにおいが好きな人は、貧血傾向がある人。
手を上げた二人はまさに貧血傾向があった。
足りないから、欲する。植物もすごいけれど、人間もそれを欲するのだからスゴイ!

とにかく、見て、触って(有毒のものもあるので、勝手に触るのはNG)、
時には、葉をなめたり、とっても楽しい2時間でした。

でも、最後になめた甘草は、甘くても笑顔になれない不思議な味…
ご案内してくれた先生は、現在ほとんど輸入に頼っている「甘草の栽培」について研究をしているとのこと。
なめても笑顔にはなれませんでしたが、輸入でなく日本で甘草が栽培できるようになり、
薬が作られれば、笑顔になる人が増えますね。


たくさんお話していただいたのに、記憶に残っているのはこの程度💦
先生すみません。

お近くの方は、ぜひ開放、解説付きの下記の日に、ぜひ行ってみてください!
▪️大阪薬科大学薬用植物園
毎月第3土曜日(4月~11月8月を除く)

詳しくは、下記を
https://www.oups.ac.jp/garden/

Category : その他
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

名古屋の大先輩たちはパワフルです!

今日は、前に講演させていただいたご縁で、
名古屋市地域女性団体連絡協議会の総会で、講演させていただきました。


 


テーマは「たまご(他孫)」
見て真似る機会が減った現代で、
どう地域をつなぐのか?


 名古屋では地域の「世話やきおばさん!」活動を行っています。
(来年もこのテーマで研究協議会が開催されます)



   


その活動につながるヒントをとのご依頼でしたが、私の方が沢山のエネルギーをいただいて帰ってきました!


【地域世話やきおばさんのねらい】 本日配布資料「一年の足跡」より引用
それぞれの地域において女性が核となり、地域住民と協働しながら一人ひとりが世話やき活動を実践することによって、安心・安全で快適なまちづくりをはかり、地域向上に資する。
 
と書かれています。



地域の世話やきおばさん、



嫌な顔されることもあるけど、
親族も少ない
働き方改革といっても、パパの帰りは遅い
共働きが増える
そして、災害時もきっとある…
 

そう考えると、やっぱり、おせっかいおばさん必要ですよね。


地域の大人が客観的な視点を持ち(今の若い人たちは~と言わない!)、
子どもたちの成長過程を認めることで、子どもに笑顔が増えれば、親にも笑顔が増えます。
そして、災害時、減災にもつながります。
  
最後は、私もめげることもありますが、頑張りましょう!で終了!

名古屋の大先輩のみなさま、本当にありがとうございました。


 
●はみだし●
会長さん、とってもチャーミングな女性なんです!
なんと、ご退任される方への花束贈呈時には、
アカペラで「忘れな草をあなたに」を熱唱。
いつか、皆さんと一緒に童謡などをに歌う会を
やりたい!と、企んでいる私でした😊

Category : その他
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

産後ママカフェ

産後ママカフェ、日経新聞に取り上げていただきました。
 
月に1日だけと決めて、私と助産師さんと行っている産後ママカフェ。
 
ほっとできる場
 
専門家と何気なく話せる場があれば、はじめて赤ちゃんをむかえたママパパも、
 
二人目、3人目の子育てにしんどさを感じている人も、
少しだけほっこりできる😊
 
全国に広がってほしい。
 
できれば、歩いていかれるところに、あってほしい。
 
医療から生活へとつなげる場。
 
産後のママパパたち、そして、その家族に笑顔が増えますように。
 
私も、立派なシニアです💦
 

Category : その他
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。