FC2ブログ

「食う、寝る、遊ぶ、ととえる 」大切にしたいこと。

産後ママの応援団長&孫育て・ニッポンの代表 ぼうだあきこのブログ

1月の専門職向け講座

行政、企業、病院、そして、子育てしているお母さんたちとの講座&産後ママカフェ、
マタニティ講座、祖父母学級……などを通して見えてきたこと。
現状、課題、そして、専門職の皆様からぜひ、伝えてほしいことをお伝えします。

詳細は、各HPをご覧ください。

対象:助産師、保健師、看護師、保育士、精神保健師、子育て支援者など、
     周産期、子育てにかかわる方

1/20(日) 横浜Umiのいえ(横浜駅徒歩10分)

  10:00~13:00  3,000円
   【産前産後支援講座】日本版ネウボラ~お産・子育て・親子の暮らしを守る役割とは~

 14:00~17:00 4,000円
  医療から生活へつなぐマタニティクラス ~マタニティファミリーに伝えておきたいこと~

1/26(土) 東京都・台東区 日本助産師会館  対象:助産師
 10:30~16:30 (うち1時間の休憩あり)16,200円
 授乳期を支える助産師になる ~授乳支援と産後ケア~

 【講師】
 市川香織(助産師、産前産後ケア推進協会代表理事)
 宮下美代子(助産師、みやした助産院院長)
 棒田明子(NPO法人孫育て・ニッポン理事長)

Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

1月の子育て&プレママ・パパ講座


遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

昨年から再開した子育て講座。やっぱり妊娠中から伝えてい!と思って
取り組み始めたプレママ・パパ講座。
赤ちゃんを見る、育ちを観察するのが楽しくなる、
そんな講座を今年も、少しずつ増やしていきたいと思っております。

 

Umiのいえ講座



1/11(金) 横浜市港北区樽町 産後ママカフェ&赤ちゃん食堂

1/12(土)  東京都・渋谷駅徒歩10分 授乳服の「モーハウス」
 10:30~ 赤ちゃんの成長・発達にあわせた はじめてのおもちゃ・絵本選び講座!
 13:30~ 復職準備に!ちょっとしたアイディアで深める子どもとの絆づくり講座

 16:15~ マタニティ個人セッション!(60分) 背守り入り沐浴布プレゼント★
 17:30~ マタニティ個人セッション!(60分) 背守り入り沐浴布プレゼント★

 

1/21(月) 千葉県柏市 公益財団法人モラロジー研究所「研修寮」 南柏駅からバス
 9:30-11:00 ほめる・認めるどっちが大事?

1/23(水) 横浜市・横浜駅徒歩10分 Umiのいえ
 10:30~ 子育てで、大切にしたいこと ーー引き算の子育てのすすめ


1/30(水) 東京都杉並区・子育てアトリエ panier(永福町駅下車)
     13:30~14:30「子どもをほめる、認める? どっちが大事?」

11/11(日)シンポジウム 健康経営の視点から妊娠・出産・子育てを考える!

孫育ての活動をしながら、昨年7月に

運動で妊産婦の健康と自分らしいお産をサポートする
NPO法人フィット・フォー・マザー・ジャパンを立ち上げ、
アドバイザーとしても、活動を行っております。
https://www.fitformotherjapan.org/

 

この度、NPO設立1周年のシンポジウムを開催する運びとなりました。
今回のテーマは、「女性の健康課題に関する取り組みの遅れ」を健康経営の
視点から掘り下げます。

 

20181111_chirashi   20181106_riri-su

 

健康経営と聞いて、すぐにピンとくる方、こない方、いらっしゃると思います。

健康経営とは、
健康経営とは、「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても 大きな成果が期待できる」との基盤に立って、健康管理を経営的視点から考え、 戦略的に実践することを意味しています。
(NPO法人健康経営研究会HPより)


会社で行っているメタボ対策がその代表例、というと何となくイメージできますか?
働く女性がこれだけ増えてくると、女性特有の健康課題についても、
企業はもっともっと取り組むべきなのですが、
企業の女性特有の健康課題への取り組みの遅れは否めません。

その原因として考えられるのが、

●「女性特有の健康課題」に対する社会的認知度が低い
●その課題を解決するには、どのような制度、環境が必要なのか
議論が十分にされていない


など、が考えられます。

そこで、今回のシンポジウムには、健康経営に関する 研究従事していた有柿沼美智留氏に、
健康経営とは、日本の企業の現状、女性特有の健康問題とはなどについて
わかりやすく、お話していただきます。

●妊娠出産に携わる人は、働く女性の環境を知ることも大切
●働いている人は、正しい知識を持って、職場に要望を出すことも必要
●ダイバーシティなど、すでにこのプロジェクトに関わっている人には、
 ぜひ、みなさんがどのような取り組みをしているのか、共有してほしい!



と、思っております。
直前のご案内で申し訳ございあせんが、みなさまのご参加をお待ちしております。


++++++++++++++++++++++++
第1回fmjシンポジウム
健康経営の視点から妊娠・出産・子育てを考える!

++++++++++++++++++++++++

増え続ける就労妊産婦のヘルスリテラシー向上に必要なのは個人の努力だけでなく、
企業をはじめとする社会環境の変化が求められています。
妊娠・出産・子育ての時期にいる女性の「働く」×「健康」について考えます。

日 時:2018年11月11日(日)13:30~16:00
会 場:きゅりあん大井町(東京)第1特別講習室
   JR京浜東北線・東急大井町線/りんかい線 大井町駅徒歩1分
参加費  4000円

 

お申込はこちら>>
https://fmj1111.peatix.com/

 

内容:
【基調講演】
「妊娠・出産・子育てがマイナスにならない職場環境を目指して
“健康経営”の視点から考える」
 ●柿沼美智留氏
  2009年4月よりシンクタンンクに勤務、研究員として厚生労働省をはじめとする官公庁
  および民間ヘルスケア事業者等の委託調査研究事業に多数携わる。

【パネルディスカッション】
「就労妊産婦をとりまく現状と今後の課題について」
 ●小林香織 NPO法人フィット・フォー・マザー・ジャパン理事長、健康運動指導士
 ●長坂桂子 妊婦のくらし理事長 看護学博士、母性看護専門看護師、助産師、看護師、保健
 ●ぼうだあきこ NPO法人孫育て・ニッポン理事長、にっぽんネウボラネットワーク研究所副代表

 

お申込はこちら>>
https://fmj1111.peatix.com/



なさまのお越しをお待ちしております!!


Category : ぼうだ日記
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

わかりやすく伝える

先日、子育て支援者養成研修 専門課程の2コマを
担当させてていただきました。
1時間目 子育て支援事業の経緯
物事の成り立ち(歴史)と背景を学ぶことは大切とはわかっていても、
本を開いても、話を聞いても眠たくなる分野。
降参!とも思ったのですが、
私がいつも感じるできる人(専門家)が書いた文章でなく、
私が欲しいと思う資料を作って伝えようと、
心を入れ替えのぞみました。
ばらばらになっている資料、文献を、見せなおす。

制度は、前のものから変わるのだから、その前がわからないと理解できない。
でも、新しい資料には、古い制度言葉の解説はない。
母子保健と子育て支援。
どっちも大切。だから、今一緒に!となっている。
今日は大学院での講義、前回よりわかりやすく伝えられるよう、しっかり準備をしよう。

Category : その他
Posted by ぼうだ あきこ on  | 

9/15背守りワークショップ報告

9/15(土)に、オーガニックコットンの「プリスティン」自由が丘店で、
 第1回の「背守りの会」を開催致しました。

 外はあいにくの雨にもかかわらず、妊婦さんたちが集まってくださいました。



素敵な空間で、ゆったりと。とってもゆたかな時間となりました。

まずは練習。でも、なかなか図案が決まらない。
意味も気になるし、形が決まっても糸の色が決まらない…

 お腹の赤ちゃんに思いを馳せ、選ぶ時間
なんとも言えない時間です。




針仕事が得意な人、久しぶりの方もいらでしゃるので、
肌着や洋服に縫う時には、練習をしてます


そして、本番!




みなさんが縫っている間に、ちらりほらりと、妊娠出産、産後のお話。
 質問に答えたり、私から話を振ったり。
 視線は手元に置きながら、話をする。


完成!







 


最後に、とっても美味しいお菓子をいただきながらゆったり、のんびり。


 はじめてのお産の人、2人目の人。
 お仕事を続ける人、しない人。
 いろんな人が同じ時間を過ごし、未来の話をする。


 こんな場所が増えるといいなぁと、思います。

次回会う時には、倍の人数ですね。


プリスティンでの背守りの会は、
吉祥寺 9/29(土)10時~
 本店 9/29(土)14時~


詳しくは、下記をご覧ください。
http://www.pristine-official.jp/contents/?p=3243



Category : 背守り
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback