FC2ブログ

「食う、寝る、遊ぶ、ととえる 」大切にしたいこと。

産後ママの応援団長&孫育て・ニッポンの代表 ぼうだあきこのブログ

9/15背守りワークショップ報告

9/15(土)に、オーガニックコットンの「プリスティン」自由が丘店で、
 第1回の「背守りの会」を開催致しました。

 外はあいにくの雨にもかかわらず、妊婦さんたちが集まってくださいました。



素敵な空間で、ゆったりと。とってもゆたかな時間となりました。

まずは練習。でも、なかなか図案が決まらない。
意味も気になるし、形が決まっても糸の色が決まらない…

 お腹の赤ちゃんに思いを馳せ、選ぶ時間
なんとも言えない時間です。




針仕事が得意な人、久しぶりの方もいらでしゃるので、
肌着や洋服に縫う時には、練習をしてます


そして、本番!




みなさんが縫っている間に、ちらりほらりと、妊娠出産、産後のお話。
 質問に答えたり、私から話を振ったり。
 視線は手元に置きながら、話をする。


完成!







 


最後に、とっても美味しいお菓子をいただきながらゆったり、のんびり。


 はじめてのお産の人、2人目の人。
 お仕事を続ける人、しない人。
 いろんな人が同じ時間を過ごし、未来の話をする。


 こんな場所が増えるといいなぁと、思います。

次回会う時には、倍の人数ですね。


プリスティンでの背守りの会は、
吉祥寺 9/29(土)10時~
 本店 9/29(土)14時~


詳しくは、下記をご覧ください。
http://www.pristine-official.jp/contents/?p=3243



Category : 背守り
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

この文化を伝えたい 保管されている背守りの着物を見て


背守りの文化を知れば知るほど、
この文化を残したい、伝いたいという思いは強くなる。

本物を見たい…
そして、2015年11月、願いがかなった。


着物は、本堂とは別の室温が管理された保管庫に保管されていた。


はじめに見せていただいたのが「百徳」と言われるもの。
古いものは江戸時代のものだそうだ。美しい。


P1050371


「百徳」とは、子育ちのよい家や長寿の年寄りから端切れをもらい集め、

百枚を丹念に綴って子どもに着せると丈夫に育つという風習があった。
(中略)百人、すなわち多くの人々から徳をいただき、

その加護によて無事な成長を願ったのだろう。

(『背守り ― 子どもの魔よけ』 (LIXIL BOOKLET)より引用)


P1050378  P1050397

P1050415  P1050416


「百徳」に背守りをつけているものもあれば、普通の着物に背守りをつけているものがある。
ただ、糸で縫われているもの、アップリケのように、別の布で作ったもの
模様もさまざまだ。


子どもたちが本当に着ていた着物なので、襟は汗、着物の前は食べこぼしなどで、
保管が難しいとのこと。


この文化を伝えていきたい…



現在、真成寺に奉納された着物は、有形民俗文化財として、保管されている。
その数966点。1点ずつ写真をとり、

「真成寺奉納産育信仰資料 有形民俗文化財 調査カード」


にまとめられている。

真成寺を訪ねてから3年。
あのときに、孫育て・ニッポンでプロジェクト化できたらと作ったロゴが
やっと、お披露目できそうです。

次回は、ロゴのお披露目と、みんなと一緒に「背守りちくちく」ができる場所をご案内したいと思います。

Category : 背守り
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

金沢・真成寺へ  背守りに会いに…

何かが足りない…

2015年9月、思い切って背守りを施した着物が奉納されている
金沢の「真成寺」へ向かった。

DSC_2476

金沢の東茶屋街をぬけ、住宅街から坂をのぼったところに「真成寺」はあった。
このお寺は、安産・子授祈願で有名な鬼子母神を祭っている。

中へ入ると、柄杓、千羽鶴、人形が目に入った。


残念ながら、背守りを施した着物を見ることはできなかったが、
真成寺に保管されている、背守りを施した着物の
たくさんの資料を見ることができた。

ちゃんと連絡をして、また来よう。


DSC_2455     DSC_2460   


その頃、エクスプランテさんにもご相談しながら、
ワークショップ用のツールつくりも並行して行った。

つづく>>

Category : 背守り
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

背守りとの出逢い その2

DSC_1098


「背守り練習帖」の図案を縫ってみる。
かわいい。

そして、ちくちくしている時間が、
とても豊かな時間に感じる。
妊娠中、おなかの赤ちゃんに、
何か作ってあげたくなったことを

思い出した。DSC_1101


新生児用の肌着に縫ってみる。
さらしで、沐浴布も縫ってみる。


さらしが家に3本も残っている、使ってない。
あるお母さんが話していた。


1本は何かの時に残しておいてほしいけれど、
家に眠っているさらしを寄付してもらい、
沐浴布や台ふきを縫うのはどうだろうか?

DSC_1520         DSC_1646

この頃は、いつも背守りを縫った台紙とさらしをいつも持ち歩いていた。
どこかで、ちくちくができないか、できる場所を探していた。


DSC_2960   DSC_2293 


 DSC_4312


厚紙に2歳の子と一緒に縫ったこともあった。


received_1175662315857191  received_1175662322523857



「針なんか持ったことない」「玉結びはできない」という孫をもつ男性ともちくちく。

DSC_1501  DSC_1503 DSC_1500

何となく、できそうな感じはあったけれども、何かがたりない。

つづく>>

Category : 背守り
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback

背守りとの出逢い その1


東北へ背守り 子どもの魔よけ 展<br>SEMAMORI行ったときのこと。地元のばぁばが

昔は手仕事しながら、

舅、姑、だんなの愚痴、子育てのことよう話した。
最近の人は、何もせんとただ話だけするから、
「ただ、くっちゃべってきて」となる。
食べるもの、縫い物、何でもええから、

手仕事しながら話すとええのになぁ。



その言葉が頭からずっと離れず、子どもから高齢者までできる
手仕事を探し続けた。


出逢いは、2014年8月。
雨宿りで入った建物に1枚のチラシが置いてあった。                                       

「背守り 子どもの魔よけ 展」
http://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_002767.html

背守りという言葉は聞いたこともあったが、実際に見たことがなく、
大雨のなか会場のLIXILギャラリーへ向かった。


これだ。と思った。
(撮影がOKだったので、資料にとたくさんの写真を撮った。写真は当時のもの)

DSC_0961


DSC_0970

帰りの電車のなかで、購入した本を読む。読めば読むほど、背守りに惹かれた。



背守りとは? 『背守り ― 子どもの魔よけ』 (LIXIL BOOKLET)から、背守りの説明を引用する

「背守り」とは、「産着の後ろ襟下につける縫い飾り、飾り物。これをつけることによって申請時に災いがかからぬように願う呪(まじな)いである。(中略)魔除け・虫封じの呪いでもある。(『日本民族大辞典』)とあり、「魔除け」や幼子の健やかな成長を祈る心の形象化されたものととらえられている。霊魂の不安定なおさな子は、背から魂が抜けたり、そこから魔が入り込むとされ、産着などの一つ身の着物の後ろ襟から背中などに施された飾りである。

どうしたら、背守りを手仕事として、人が集うようにできるのか。
ネットで検索したら、『背守り練習帖』というのがみつかった。

Category : 背守り
Posted by ぼうだ あきこ on  | 0 comments  0 trackback